食べたらダメな食事はまずない

皆さん、こんばんは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_Food)です。

言い切った情報には、ご注意を…。という記事を過去に書いています。

今回の内容も、それに近い内容です。

食べたらダメな食事はまずない


管理栄養士が食品添加物・人口甘味料・食べたら老ける食品など煽っているYouTubeを見かけました。

この方は、有名な方で、事務所にも所属されている栄養士さんなんですが……。

やってて楽しいのかなーってのが個人的な感想。

見てて思ったのが、2点ほどあります。

①「食べちゃダメ」なんて誰でも言えるが、発信としてはウケる。

「食べちゃダメ」って発信ほど、簡単なことはないと個人的に思う。

何で食べたらダメなのか??の説明はされているんだけど、

食事にどれ位含まれていて、これくらいはOKですよ。みたいな説明がない。

あなたは、腎機能が悪く透析寸前なので、果物は一切ダメです…って言い切られている感じ。

ちょっともダメなのか??

これくらいの量は食べても大丈夫なのか???

そんな線引きが大変で、一般の人には分からないからこそ栄養士がいるんじゃないのかな。

「食べちゃダメ」は、あまりにも無責任すぎる。

②内容が極端すぎる。

普段の食生活で、そんなに添加物や甘味料を取りすぎていることも、あまりないと思う。

添加物にも種類があるし、今までも大きな「健康被害」もないはず。

悪い食品を煽るのより、いい食品を紹介した方が楽しいんじゃないかな。

極端な食生活をしていない限りは、あまり気にしないでいいかと。

楽しく、おいしく食べている人が健康にみえたりしますからね。

まとめ

非常に短い内容でしたが、「基本食べたらダメ」な食事はありません。

食べすぎは良くないorあまり食べない方がいいかなーってのはあるけど、そんなに心配しないでいいと思う。

食べ過ぎで心配な方がいたとしたら、自分なりに考えて「量を調整」してあげればいい。

それが難しいなら、管理栄養士に相談すると良いですね。

食事は美味しく食べて、ストレスのない食生活が一番の理想ですからね。

ホームに戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の35歳。 現在は男子4人(7歳・6歳・4歳・1歳)育児に日々奮闘中。