頭を良くする・炎症を抑える。魚油に含まれるDHA・EPAはおススメの油です。

みなさんこんにちは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_food)です。

皆さんは、DHA・EPAって聞いたことありますか??

一時期は、DHAを取ると「頭がよくなる」など、テレビで取り上げられていたので、耳にしたことがあるかと思います。

では、実際の所はどうなんでしょうか??

今日は、DHA・EPAについてのお話です。

詳しく説明していきますね。

DHA・EPAとは何か??

DHA・EPAは油の一種です。

食材としては、さば・さんま・いわしなどの青魚に多く含まれます。

体に大切な「油」で間違いはありません。

ただ、個人的には「お肉派」であって、外食するときや、特にお腹が減っているときは、お肉に走りがちです。

なので、それ以外では出来るだけ、お魚を食べるようにしています。

手軽に取れるおススメはこちら。

さば水煮缶。

これで、おかずの1品になります。

水煮缶の原材料は、サバと食塩のみです。

液は塩分が強いので全部捨てています。

 

DHA・EPAも多く含まれており、手軽に取れます。

最近は、またテレビでやっていたのでしょうか…??

水煮缶が不足気味になっています。

 

個人的には、味噌缶はあまりオススメしません。

原材料に色々とプラスされています。

砂糖・増粘剤など…。

水煮缶の方が、シンプルなので僕は水煮缶をオススメします。

細胞膜にDHA・EPAを貯金する

細胞の形を作り、大切な細胞を守っているのが細胞膜です。

その材料は「コレステロール」

つまり、細胞膜は私たちが食べた「油」から作られています。

悪い油が多い細胞膜は硬くなり、血流が行き渡りにくくなります。

更には、簡単に傷ついたり壊れやすくなり、老化や病気の原因になってしまいます。

逆にDHAやEPAを多く含む細胞膜は、丈夫で柔らかい細胞膜ができます。

僕も含め、現代人は、魚・魚油に多く含まれるDHAやEPAの摂取よりも、揚げ物(特に揚げて時間が経っている物)や、スナック菓子などの加工食品、炒め物で使う油など、圧倒的に後者の油を摂取している方が多いんです。

だからこそ、いい油の摂取を意識して、悪い油の摂取をできるだけ控える。

この意識付けは大事になってきます。

DHAで頭良くなる⁇

骨・筋肉・内臓など、大事な体の構成成分はたんぱく質です。

しかし、脳は違います。

脳だけは、脂質で構成されています。

それが悪者扱いをうけているあのコレステロール。

脳の構成成分であるコレステロールを、DHAによって「質」を高めてくれます。

DHAが脳機能向上に働いてくれるんですね。

アルツハイマー型痴呆症で亡くなった人と、他の病気で亡くなった人の脳を調べた所、アルツハイマー型痴呆症で死亡した人の脳のDHAが半分以下に減っていたという報告もあります。

アルツハイマーや認知症の予防にもDHAは有効となっているんですね。

油の種類は大切

油と聞くと、あまりいいイメージを待たない人が多いかもしれません。

「血液がドロドロになる」とか、「血栓が詰まりやすい」とか……。

確かに、悪い油ばかり体に入れてれば、体はいつか壊れる可能性があります。

 

そして、炎症を促進する油と、炎症を抑える油があります。

炎症を促進する油は、先ほども説明したように、

炎症を促進する油

① 揚げ物(特に、酸化された物)

② お菓子・インスタント食品などの加工食品

③ 炒め物などに使用する油

 

私たちが普段口にしている油だと思いませんか??

 

反対にDHAやEPAは炎症を抑えてくれる作用があります。

そして、不足しやすい油です。

イヌイットと比較された国は、圧倒的に「炎症を促進する油」の摂取が多く、様々な病気になりやすい結果になっていました。

それに比べ、DHA・EPAを多く含む「魚」を食べていたイヌイットの人たちは、病気になるリスクが低かった。

食べる食事の内容で、体や病気になるリスクがあきらかに変わっていますよね。

食事次第で、体の中身も、病気も防ぐことができる事を証明してくれていますよね。

まとめ

DHAとEPAについて簡単に説明させてもらいました。

なんとなく、大事なんだ!!って思ってくれました??

作用的には、

DHA・EPAの役割

① 脳機能の向上に働いてくれる

② 炎症を防いでくれる

③ 丈夫な細胞膜を作ってくれる

 

ほかにもありますが、今回はこの3つについてお話させてもらいました。

DHA・EPAは、大事な油だけど、私たちには「足りていない油」でもあります。

 

 

足りていないものは「意識して食べる」必要があります。

日本は、昔に比べると魚の摂取が落ちてきているのが現状でもあります。

1日1回でも「魚を食べる習慣」を、皆さんも意識していきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の35歳。 現在は男子4人(6歳・5歳・4歳)と3か月の 育児に日々奮闘中。