糖尿病の食事って、どうすればいいの??

皆さん、こんばんは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_Food)です。

前回記事で、糖尿病って、どんな病気⁉︎について書きました。

今日は、糖尿病の食事で「気を付けたい事」を簡単に説明します。

糖尿病の食事のポイント

は、血糖をコントロールし、高血糖状態をさけることです。

その為にはまず、暴飲暴食や偏食をさけること。

そして、当たり前に言われているけど、バランスよく食事をすること。

バランスの良い食事についてはここに書いています。

 

基本食べたらダメな食事はありません。

たまに、ご飯・パン・麺類・芋類を取ってはいけないような「糖質制限」の推奨を見かけますが、全然取って大丈夫です。

春雨・グリンピース・餃子の皮・片栗粉まで糖質の多い食材として紹介しているのには、違和感しかありません。

問題は食べる量とタイミングですよね。

 

具体的に、糖尿病に有効な食事療法としては、

①肥満がある方は、その改善(適正体重に近づける)

②総エネルギーの適正化

③たんぱく質の摂取を1日20%以下

④脂質(飽和脂肪酸)の取りすぎに注意

⑤食物繊維1日20g以上の摂取

⑥規則的に3食摂る

⑦甘味やジュースを避ける

ざっとこんな感じです。

この他にも有効的な食事も多数あります。

これには、性別・年齢・病歴・服用・生活習慣・地域性など、いろいろな要素を確認したうえで決定していきます。

次回からは、もう少し細かく説明していきますね。

【参考文献】

糖尿病診療ガイドライン2019

e-ヘルスネット(糖尿病の食事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の35歳。 現在は男子4人(6歳・5歳・4歳)と3か月の 育児に日々奮闘中。