育児中の女性必見!!手軽に食べれるおすすめ食材3選。

育児中の女性の皆さん!!

育児お疲れ様です。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_food)です。

育児って本当に大変ですよね…。

僕も小さいのが3人いますし、嫁さんも仕事が忙しいので、がっつり育児しています。

土日などは、1人で3人見たりします。

そこらの男性より育児をしている自信があります。

育児中は、子供の食事の準備なども大変で、自分の食事を適当にすませる事も多いと思います。

そんな中、常備していたら手軽に食べれる、おすすめの食材を紹介します。(ただの僕の好みです…。)

育児中のお母さんには時間がない

育児をしていると、自分の時間が無くなります。

特に、1人目の子だったり、まだ1歳にもなっていないと大変です。

ウンチをして…。

お風呂も入れて…。

ミルクをあげて…。

ゲップもさせて…。

起こさないように、静かな部屋で抱っこをして…。

ベッドに寝かした瞬間に起きてしまったら泣きそうになりますよね…。笑

時間が取れるのは、子供が寝ている時がチャンスですよね。

でも、食器も洗濯物も溜まっていて…。

掃除もしなきゃだし…。

子供や家族の食事も作らなきゃだし…。

本当に時間がないですよね…。

それで、自分のご飯を簡単にすませてしまっていたら、

元気がでない…。

体調もすぐれない…。

なんて事にもつながります。

お母さんが体調が悪いと育児にも影響がでますからね。

時間がない中でも、出来るだけ良い物を選んで食べたいですよね。

簡単に食べれるものには栄養がない

簡単に食べれる食事って、どのような物を思い浮かべますか⁇

僕は、おにぎり・ハンバーガー・菓子パン・インスタント食品・お菓子などです。

いわゆる、ジャンクフードですね。

栄養は無いのに、カロリーだけが高いものです。

栄養も無いですが、このような食事を空腹時に食べると、一気に血糖値が上がります。

血糖値が上がれば、インスリンと言うホルモンが出て、急いで体に糖を取り込みます。

その結果、体の脂肪になるので太る原因になります。

また、このような食事を繰り返していると、インスリンの出方が悪くなったり、出ているのに効きにくくなったりします。

良く、「サラダから先に食べましょう」など、食べる順番を意識するのは、血糖値の急激な上昇を防ぐ為と、インスリンをゆるやかに出す為ですね。

手軽に食べれるおすすめ食材

※画像はネットよりお借りしました。

卵はとても栄養に優れている食材で、たんぱく質が豊富です。

たんぱく質はアミノ酸がくっついてできています。

アミノ酸には、20種類ありますが、そのうちの9種類は人の体で作ることができないので、食事からとらなくてはなりません。

この9種類を「必須アミノ酸」と言います。

卵には、この9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

また、「アミノ酸スコア」と言うものがあり、食品中に含まれている必須アミノ酸が高ければ、アミノ酸スコアが100となります

卵の、アミノ酸スコアは100です。

食品 スコア 食品 スコア
全卵 100 大豆 100
牛肉 100 精白米 61
豚肉 100 ブロッコリー 80
鶏肉 100 かぼちゃ 68
魚類(あじ・カツオ・鮭) 100 にんじん 55

卵は、1パック200円では買えるので1個20円もしません。

こんなに安くで栄養豊富で、手軽に食べれる食材はないですよね。

僕は、ゆで卵にしてお腹が減ったら食べています。

卵は、コレステロールが高いから…。と思う方はこちらも読んでみて下さい。

※画像はネットよりお借りしました。

サラダチキン

使われている鶏むね肉は「低カロリー・高たんぱく」な食材です。

以前、僕がジムに行っている時、周りのムキムキの人はトレーニング後にプロテインを飲んで、こちらを食べていました…。(笑)

味付けされているので、サラダに混ぜて食べてもおいしく食べれます。

レタス・きゅうり・トマトなどにゆで卵とサラダチキンを混ぜて、大きいボウルに入れておけば、2~3日は食べれます。

塩分が少し強いので、気になる方は鶏むね肉、またはササミを茹でてサラダに混ぜる事をおすすめします。

 

※画像はネットよりお借りしました。

納豆

納豆も、上質なたんぱく源です。

他にも、食物繊維や、ビタミンKを多く含みます。

食物繊維と納豆菌で腸内環境を良くしてくれます。

ビタミンKは、カルシウムを骨にくっつけてくれる接着剤のような働きをしてくれます。

気を付けよう。

ビタミンKは血液を固める作用もあるので、血液をさらさらにするお薬(ワルファリン)を飲んでいる方には、制限が必要になります。

また、ご飯だけ食べた場合と、ご飯と納豆を一緒に食べるのでは血糖値の上がり方にも違いがあります。

ご飯と納豆を一緒に食べた方が、血糖値の上がり方がゆるやかになります。

これは、納豆に含まれる食物繊維とネバネバ成分が血糖値の上昇を防いでくれている為です。

僕は、納豆に梅干しとネギを入れて、ご飯と一緒に食べるのが好きです。

納豆も1パック100円程度で買えます。

安くて、栄養満点な食材ですね。

まとめ

今、思い浮かんだのは3つですが、まだあれば付け加えて行きたいと思います。

もし、僕が全く仕事をせずに育児休暇中であれば、ご飯に納豆・ゆで卵と鶏肉を入れたサラダで1週間のうち、週3回の昼食はこれでいけます(笑)

食事がかたよるのは、良くないとされますが、体に良い食材を食べるのであれば3回ぐらい全然平気だと思います。

食事のメニューって考えるの案外めんどうです(これを栄養士が言ったらダメですが……。)

なので、体に良い食事の組み合わせであれば、ある程度固定化してもいいと思います。

一番ダメなことは、時間がないや、めんどうだから自分の食事を簡単にすます事。

おにぎり・ハンバーガー・菓子パン・インスタント食品・お菓子などではダメです。

母乳をあげているのであれば尚更です。

お母さんが食べている物は、そのまま子供の体に行きます。

子供の事を思うのであれば、しっかりと食事をして下さい。

いい食事をして、自分の体を元気にしたあげて、楽しく子育てを頑張りましょう!!

1 個のコメント

  • AbermotLet へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の35歳。 現在は男子4人(6歳・5歳・4歳)と3か月の 育児に日々奮闘中。