納豆好きにはたまらん!!ビタミンKの力と、納豆って食品はかなり優秀なんです。

皆さん、こんばんは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_food)です。

今日、紹介するビタミンは、ビタミンの中でも目立ちにくい存在かと思います。

ですが、僕はこのビタミンが好きです。

なぜかというと、僕が好きな食べ物に多く含まれるビタミンだからです。

今日は、ビタミンKについてのお話です。

詳しく説明していきますね。

ビタミンKとは??

ビタミンKには2種類あります。

植物で作られるビタミンK1(フィロキノン)と、動物・腸内細菌で作られるビタミンK2(メナキノン)です。

ビタミンK1が多い食品は、しそ・春菊・ほうれん草・小松菜・ブロッコリーなどです。

ビタミンK2は、さらに2種類に分かれます。

卵・鶏肉・バターなどに含まれるメナキノン-4。

納豆に含まれるメナキノン-7です。

栄養上、特に大切なのが、メナキノン-4とメナキノン-7です。

上のツイートのような、血を止める・骨を強くする・動脈にカルシウムの沈着を防ぐには、メナキノン-4の力が必要です。

ですが、メナキノン-4を摂取しても、メナキノン-4はあまり増えません。

しかし、メナキノン-7を摂取すれば、メナキノン-4は増えます。

メナキノン-7が多い食品といえば??

そうです……。

納豆です。

最初に書いた、僕の好きな食べ物は納豆です(笑)

納豆は僕の中では、最高な食品です。

納豆については、後で納豆ツイートがあります(笑)

血液の凝固作用

ビタミンKには、血液凝固作用があります。

細かくいうと、ビタミンK依存性たんぱく質というのがあって、そのたんぱく質を働かせるために、ビタミンKが必要になります。

なので不足すると、出血傾向になります。

成人では、通常の食事をしていれば、ビタミンKはほとんど不足しないとされています。

通常の食事の定義が、あまりわかりませんが…。(笑)

新生児では、ビタミンK不足による新生児メレナ(腸内出血)を起こすことがあります。

原因としては、ビタミンKは腸内細菌でも作られるが、新生児の場合は、まだまだ未熟。

母乳にも、ビタミンKは少ないためです。

また、血栓ができないよう、血液をサラサラにするお薬(ワーファリン)を服用している方では、ビタミンKと反対の作用があり、力が拮抗してしまうので、納豆・青汁・クロレラなどの摂取は避けるような指示があると思います。

骨のためにもビタミンK

僕は昔から、ビタミンKは「骨にカルシウムをくっつける接着剤」と覚えていました。

骨代謝を調節する、オステオカルシンというたんぱく質があります。

先ほどもでた、ビタミンK依存性たんぱく質の1つです。

このオステオカルシンが、骨の形成を促進しながら、骨が壊れないように働いてくれるんです。

骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015では、ビタミンKを1日に250~300μg推奨しています。

納豆1パック(50g)には、ビタミンKが300μg含まれています。

補足

ビタミンK1(フィロキノン)と、K2(メナキノン)には副作用の報告がなく、許容上限量は設定されていません。

このような報告も…。

納豆を多く食べる習慣のある地方では、納豆をあまり食べない地方よりも骨折が少ないことが知られており、納豆に含まれるビタミンK2(MK-7)が骨折を予防する因子と考えられる

ビタミンKのWikipediaより引用

納豆って、すごいなーって思いません??(笑)

また、骨粗鬆症の治療薬もビタミンK2(メナキノン-4)が使用されています。

薬を飲むより、天然のお薬(納豆)を食べたほうがいいと思いません??

嫌いじゃなければ、1日1パックは食べることをおススメします。

動脈硬化さえも予防する

またまた出てきました!!

「マトリックスGlaたんぱく質」も、ビタミンK依存性たんぱく質の1つです。

以下は、ビタミンKのWikipediaからの引用です。

ビタミンK依存性タンパク質の1つである、マトリックスGlaタンパク質(MGP)を欠損したノックアウトマウスは、全身の動脈にカルシウムが沈着し死亡する。

 

心臓病とビタミンK摂取量を調べた疫学研究で、ビタミンK2の摂取量が高い群では低い群と比べて動脈石灰化が抑制され、心臓病による死亡率が半分程度であったことが報告された。

 

ビタミンK1摂取と石灰化抑制に関連が認められない一方で、ビタミンK2摂取は摂取量と石灰化抑制に関連が認められるとする報告がある。

これを読んだだけでも、ビタミンKの力ってすごいですよね。

3つ目の文章からもわかるように、人の体ではビタミンK1より、ビタミンK2の方が発揮される力が強いと思います。

ここから納豆ツイート

安く手に入り、栄養価の高い食品は、納豆&卵だと思います。

僕の中では、最強の2トップです。

毎日2パック、卵も2~4個食べています。

腸内環境をよくしたいからと、あま~い乳酸菌飲料や、これまたあま~いヨーグルトを食べている人も多いかと思います。

砂糖は、かえって腸内環境を悪化させます。

原点にもどり、納豆やお味噌汁など、心が落ち着くような和食はいかがですか??

僕は、夕食に2パック食べます。

皆さんも、夕食時にいかがですか??

まとめ

長くなってしまいました…。

ビタミンKと、多く含まれる納豆についてのお話でした。

実際は、ビタミンKと納豆について、もっと紹介したいことがたくさんあります(笑)

それ位、体に大切なビタミンであり、納豆は栄養価の高い食品なんです。

3~4パックで、100円前後で買えますし、冷蔵庫に入れておけば、副菜の1品にもなります。

今日紹介した、ビタミンKの力と、納豆の素晴らしさをもっと知ってもらいたいです。

あなたのお食事、大切な家族の健康のためにも、毎日の納豆生活をはじめてみませんか??


体は「あなたが食べた食事」から作られている

あなたは、日々の生活が楽しいですか!?

体が怠くて「何もやる気にならない」こんなことはありませんか!?

その体調不良の原因に「食事」がかかわっている可能性はありませんか!?

体は、あなたが食べたものからしか作られません。

良いものを食べれば「良い体と心ができ」

悪いものを食べれば「悪い体と心が出来ます」

あなたと、あなたの周りの人の「健康」について相談して見ませんか!?


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石川 元洋

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の34歳。 現在は男の年子3人(5歳・4歳・3歳)の 育児に日々奮闘中。