食事・栄養の相談はどこにすればいいの??

人はその状況にならないと行動を起こせない。

普通に生活できているレベルの人に対し、「健康に気をつけましょう」は響かない。

だって、今のところ健康だし、なにも問題ないから‥…。

 

じゃあ、その次の段階として、ダイエットしたいor健康に気をつけたいor少し食事の話を聞きたいetc‥。

こんな人は、どこに行けば良いのか??

 

ある程度の情報ならネットでも手に入るし、具体的に行動したい人ならば、おそらくジムに通う人も多いと思う。

それ自体が悪いことではないが、こんなツイートを見かけた。しょーたさん(s042972)

目的は筋肉を付けるためかもしれないけど、食事も取れているのに、むやみにプロテインの摂取を増やし勧めるのもどうかと…。

栄養士なら、モヤっとするかもしれないが、じゃあこの対処法はどうすればいいのか??

 

さらにこんなツイートも…。にんじんさん(akai_vegetable

自分も似たようなことを前から思っている。

 

以前、こんなツイートをした。

 

それに対しての答えがこれ。

20才の女性から言われたごもっともの意見。

おそらく、世の中のほとんどの人が、「栄養士の存在すら知らないかも…。」って思った。

相談の窓口もなく、どこに問い合わせればいいかもわからない…。

仮に、そのような窓口があって、認知度が上がれば、相談にくる人もいるのでは??

 

窓口がないわけではない。

栄養士会に栄養ケア・ステーションというサービスがある。

栄養ケア・ステーション

各都道府県の栄養士会に設置され、管理栄養士・栄養士が所属し、医療機関・自治体・民間企業・地域住民の方などに、それぞれのサービスを提供するシステム。

 

なので、相談窓口自体はあるが、一般に認知されていない。

自分も、詳しい内容や、システムがハッキリとはわからないので、次年度からは登録してみたいと思う。

 

この栄養ケア・ステーションが認知され、依頼がたくさん来るのがbestだと思う。

でも、それには時間がかかるし、相談者からすると、少しハードルが高いと感じる人もいると思う。

そうなるとネットで検索したり、SNSを利用するはず。

そこで、ちゃんとした人とサービスに出会い、問題が解決できればいい。

けど、先程のツイート

こんなこともあるので、気を付けないといけない。

 

サービスを受ける側の人も、しっかりと調べて安易に決めてはいけない。

そして、周りにも相談して欲しいと思う。

 

自分も、一次予防(病気になる前の予防)や、健康でいれる人と、その時間を増やしたいと思っているので、個人でできることはして行く。

それは、SNSなのでの小さな発信かもしれないが、やること・出来ることをやっていかないと、先へは進めない。

そして、周りの栄養士の皆さんも、上のツイートのようなことが起こらない為には、今現時点では、栄養ケア・ステーションをどんどん勧めて、広めていくのが、健康な人を増やし、間違った道に進まないようにする対策なのでは??と思った。

ホームに戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

石川 元洋

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の35歳。 現在は男子4人(6歳・5歳・4歳)と3か月の 育児に日々奮闘中。