薬を飲むことが治療なのか!?大事なのは薬を飲まない体に戻すこと。

皆さん、こんにちは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_Food)です。

 

歳を重ねるにつれ、病気になるリスクは上がる。

30代からは、薬を服用する人も出て来る。

僕自身は、出来る限り薬は飲みたくないし、もし処方されることになれば内容をしっかり考え「副作用のリスク」も頭に入れる。

薬をたくさん服用されている方は、薬の副作用もしっかり知っておく事をオススメします。

薬を飲む事=治療ではない

病気になれば、薬を服用されることが多い。

でも、何で薬を飲まないといけないんだろう??

こう考える人は少ない気がする。

例えば、血圧が高くて降圧剤が処方されたとしましょう。

あなたは、血圧が高い理由は何でか考えていますか??

 

中には、遺伝要素で高い人も多いかもしれませんが、治せる余地もあると思います。

食生活かなぁ……。

野菜類は少なくないか??

偏っていないか??

インスタント食品が多くないか??

 

運動不足かなぁ……。

歩いていないかな??

 

喫煙??・飲酒??・すでに飲んでる薬の副作用??・ストレス??・過労??・睡眠不足??

 

何か、思い当たる節はないですが??

少し、改善出来そうなことはありませんか??

 

例えば、肥満は高血圧のリスクファクターです。

体が大きい為、体の隅々まで血液を送らないといけないので当然の事です。

まず痩せれば血圧は確実に下がります。

 

降圧剤を服用し、血圧が下がったからって高血圧が治った訳ではありません。

なので、また血圧は上がってしまいます。

やはり、高血圧の根本の原因を考えなければ、飲まないでいい薬をずっと飲むことになるでしょう‥‥。

(石川)

40代位の人が、「自分はこんな薬飲んでいる」って話が、若干、自慢っぽく聞こえてしまうのは、僕だけかな⁇笑

薬の副作用は??

薬には、何かしらの副作用があります。

自然界に存在しない物質なので、人の体には異物になります。

 

例えば、コレステロールが高ければスタチンが処方されます。

スタチンは、コレステロールの合成を阻害します。

副作用は、横紋筋融解。

筋肉痛や脱力感、痛みや筋肉が減ってしまいます。

また、コレステロールの合成を阻害する際に、CoQ10の合成も阻害されます。

CoQ10は、ミトコンドリアに必要です。

ミトコンドリアはエネルギーを作るところ。

ってことは、単純にエネルギーを作るのに支障が出てしまいます。

そして活力がなくなり、脱力感につながってしまいます。

医者によっても違う

これには、ビックリしました。

正直、こっちは薬の種類とか量とかまではわかりません。

ただ、お医者さんが言ってることだから、それを信用して従います。

でも、こんなことが起きてしまったら信用できません。

正確に言うと、信用できる人とできない人がいると言うこと。

あれ以来、ここの小児科には行ってません。

お医者さんにも考え方や、自分のやり方があると思うので、全てお医者さんに任せっきりでは絶対ダメです。

自分の症状,病気にちゃんと向き合ってくれる人を選びましょう。

(石川)

あなたがもし病気になった時、是非とも違うお医者さんにも診てもらって。

自分の話を少しでも良く聞いてくれ、アドバイスをくれるお医者さんの言葉を信じた方がいい。

セカンドオピニオンだね。

まとめ

1番大切な事は、薬を飲まないでいい体になること。

食生活や生活習慣を変えれば、薬を飲まないでもいいかもしれない…

そこをまず第1に考えましょう。

もし、お医者さんにかかる前に薬などを服用したくない方なら、オーソモレキュラーを実践している所がオススメです。

オーソモレキュラー栄養療法 医療機関クリニック検索

 

こちらなら、あなたの病気や体調不良の原因を探り、薬ではなく、食事とサプリであなたを健康な体へ導いてくれますよ。

実際に、心療内科・精神科を受診し、原因が分からず薬を処方され何年も苦しんでいる人が、オーソモレキュラーの医療機関を受診して、原因がわかり、薬を飲まず病気が改善された事なんて、あるあるです。

もしあなたが今、薬を服用しているのであれば、副作用は是非とも注意すべき。

「薬は体にとって異物」

薬の副作用が、更に薬を呼ぶことだって、たくさんあります。

お医者さんのいいなりは良くない。

病院では、症状を聞いて「とりあえずお薬出しておきましょうね」

これが、ほとんど。

原因から治そうとはしてない。

薬で、フタをしてるだけ。

この事実に早く気づいて。

病院に行けば、製薬会社の営業がドクターの隙間の時間をじっーと待ってる。

1人のお医者さんに、自社の薬を使ってもらえば大万歳ですよ。

あなたは、その策略にハマってしまってる1人かもしれない…。

薬を飲むことが、病気の治療ではない。

薬を飲まないでいい体にする事が、病気の治療です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石川 元洋

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の34歳。 現在は男の年子3人(5歳・4歳・3歳)の 育児に日々奮闘中。