太りたくないなら、はよ寝よ。

皆さん、こんばんは。

管理栄養士の石川元洋(motohiro_Food)です。

ダイエットに必要なのは、「食事と運動」でしょうか??

食事と運動は大事。だけどそれ以外にも大切なことはある。

その1つが睡眠です。

太りたくなければ、はよ寝よ

短い睡眠と肥満の関係は、昔から知られています。

その1つの鍵をにぎるのが、レプチンとグレリンというホルモン。

レプチンは「食欲を抑えるホルモン」

反対にグレリンは、「食欲を増進させるホルモン」です。

短い睡眠時間は、レプチンの減少、グレリンの上昇、およびボディマス指数の増加に関連しています。

5時間寝た人々は、8時間寝た人々よりグレリンが15%多かった。

そしてレプチンは15%少なかった。

つまり「抑制より増進」が上回っている状態。

それで腹が減って、冷蔵庫で餌を探し始める……。

それも厄介なことに、脂肪と炭水化物が多い食品を好むよう。

まあ、そんな時間から食べるものなんて、スナック菓子とかそんなものですよね。

どれくらいの眠りが理想的??

なのかと言うと、こちらでは、National Sleep Foundationは、本当に必要な睡眠の量に関する推奨事項を更新します

・新生児(0~3か月):14~17時間

・幼児(4~11か月):12~15時間

・幼児(1~2歳):11~14時間

・未就学児(3~5歳):10~13時間

・学童期(6~13歳):9~11時間

・10代の若者(14~17歳):8~10時間

・ヤングアダルトと大人(18~64歳):7~9時間

・高齢者(65歳以上)7~8時間

うちの子供(3~5歳なら)9時に寝て7時に起きる。

その後に僕が、12時に寝て7時に起きる。(個人的にはもっと寝たい)

これくらい睡眠を確保するのが理想的だそう。

子供は早く寝させた方がいいですね。(ってか、早よ寝ろ)笑

睡眠不足は、うつ病・糖尿病・心臓系などのさまざまな病気につながります。

画像引用:e-ヘルスネット

子供は親の背中を見て育つ

という言葉がありますが、「親の体」も見られています。

短い睡眠時間と体重増加:系統的レビュー。

短い睡眠と、肥満の関係が特に強かったのは小児。(この研究は7歳での肥満)

その次に成人で、年をとるにつれて「この関係」は衰えていった。

そんで、子供の肥満の最大のリスクが「親の肥満」

まあ、親が作ったのを子供は食べるし、親がお菓子やジュースを買えば子供も買う(うちもそうだし…)

うちの子供たちは小食で、かつて「残飯処理班」だった僕は見事に太った…。(もちろん自分のは食べ終わっている)

(僕)
子育中の親が太るMAGIC……。

家族は小さな集団。TOTALで食生活・食環境を整えないと大変なことになる。

まとめ

短い睡眠と肥満は関係があります。

まず大きくはホルモンによるもの。

そして長く起きることにより、

食事にもっと多くの時間を与え、質の低い食事を選択するように仕向けられているんです。

毎日7~8時間寝るのは難しいかもしれません。

まあ昨日は寝不足だったから、今日は早めに寝よって感じでいいと思う。

長く起きれば、その分何かしらつまむ。

そして次の日の食行動にも影響を及ぼす…。

夜の作業は朝にまわして、朝ご飯食べての作業の方が、エネルギーの消費には持って来いです。

ってことで、早く寝ましょう。

おやすみなさい……(-。-)y-゜゜゜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

石川 元洋

女性が8~9割を占める中、少ない男性の管理栄養士。 現在は、老人ホームの管理栄養士として働いています。 沖縄出身・沖縄在住の34歳。 現在は男の年子3人(5歳・4歳・3歳)の 育児に日々奮闘中。